トップページ

全国医学生ゼミナールとは

「患者さん中心の医療」を考え
「よりよい医療従事者像」を追求するなかで
仲間と共に学び成長し
明日の医療を切り開いていく
それが全国医学生ゼミナールです

第53回全国医学生ゼミナールin岐阜



日時:2010年08月09日 (月曜日)13時00分~08月12日 (木曜日)18時00分
場所:岐阜大学医学部キャンパス/岐阜県県民文化ホール未来会館

●スケジュール
8月9日(月)開会式 
 午後 講演 「地域で生き、地域で逝く人々を支える医療 ~『お互い様』と言える相互信頼の社会をめざして~」
    中村伸一氏(福井県おおい町国保名田庄診療所所長)
8月10日(火)分科会 全国から学生が50を超えるテーマを持ち寄って発表します
8月11日(水)
 午前 分科会
 午後 講演「健康を支える経済 そのあり方を探る」
    二宮厚美氏(経済学者。神戸大学教授。著書「格差社会の克服-さらば新自由主義」など)
8月12日(木)
 午前 講演「核の残虐性:原爆の人体影響は生涯持続する」
    朝長万左男氏(日本赤十字社長崎原爆病院長)
 午後 講演「日本のこれから~アメリカ型社会で健康は守れるのか?~」
    堤未果氏(ジャーナリスト。著者「ルポ貧困大国アメリカ」共著 「格差社会という不幸」など)

●アクセス
▼未来会館
☆岐阜バスK50・51・55
(JR 岐阜駅10 番のりば、名鉄岐阜駅前C 番のりば)
「岐阜メモリアルセンター正面」下車(所要時間20 分)
▼岐阜大学
☆岐大ラインナー(バス系統C60)大学への直行便
JR 岐阜駅3 番のりば、名鉄岐阜駅E 番のりば(25 分)
   
●費用
学生:1日券 1000円 , 4日間通し券2500円
一般:1日券のみ 1500円

当日参加者宿泊費:2500 円/日
場所:長良川スポーツプラザ

宿泊は学生のみとなります。
(なお、宿泊は1部屋最大7人の相部屋で、宿泊を申し込まれた方については、実行委員会にて部屋割をさせていただきます。)


  • 最終更新:2010-08-01 08:36:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード